ゲキ!ガジェット G.E.K.I

月3不定期更新

利益度外視革新的プランで楽天モバイル破滅の道へ…

MVNOはキャリアの奴隷」お笑い発言でお馴染みの楽天三木社長が「楽天UN-LIMIT」のアップデートを発表した。その内容とは!

楽天モバイルのおもしろプランアップデートへ
現行のプランである「楽天モバイルUN-LIMIT V」は無制限(笑)を謳い、2,980円だったが、1月28日(木)の発表会にて現行プランのアップデートを発表した。名称は「楽天モバイルUN-LIMIT VI」へと変更される。変更点は段階制のプランへと変更になったことだ。何個も同じような名称のプランでアップデート感は皆無である。

図を挿入

1GBまでなら0円、1から3GBなら980円、20GBは1,980円。20GBを超えると、2,980円の無制限に移行するというプランだ。

ちなみに高速通信での無制限はもちろん楽天モバイル回線のみであり、エリア外ではauローミングで5GBを超過後、1Mbpsの無制限と謳っている。ahamoと変わらないじゃん

サブ回線や子供の連絡用に使うのには丁度いいプランになっている。しかしデメリットとして、楽天回線の安定性やつながりやすさにはまだまだ疑問が残るためメイン回線には不向きな回線になっている。(ちなみに人口カバー率は公表値よりも低いのでは疑惑が出ている。)

メリットは他にもある。ローミングau回線は5GBまで利用可能なので、上手く利用をすれば質の良いau回線が1,980円以内で利用できることとなる。最初からau回線を利用するだけ…というなら魅力的なプランかもしれない。

○三木社長のおもしろ発言再び
発表会の中で三木社長はahamoなどの大手3社キャリアの20GB使えるプランに比べて1,000円安く、楽天モバイルはそれより安くサービスを提供できると言っていたが、東京23区ですらまともにつながらない楽天モバイルと全国でつながるdocomo回線など大手3社を同じ扱いで見るのはおかしいのではないかと思う。さらに宇宙に衛生を打ち上げそこからLTEの電波を照射するというロマン満載の計画まで発表したが、実現性には疑問が残る。とてつもない予算がかかりそうだが実現する気はあるのだろうか。